銃剣道「陸上自衛隊 中部方面隊 第36普通科連隊」防衛モニター

中部方面隊(伊丹)
画像

陸上自衛隊 中部方面隊 第36普通科連隊は
兵庫県伊丹市に所在し、

画像


大阪府中・北部及び兵庫県東部25市4町における防衛警備と災害救援等を担任して下さってます。

画像

今回、【銃剣道紅白戦】を観覧させて頂きました。

画像

若い隊員さん達ですが、素質を見込まれた選抜メンバーです。全国大会を前に、練習を重ねておられます。

画像


3人の審判は、審判の国際資格も持つ日本で数本の指に入る達人隊員さん達。旗の色が2本以上で有効。

画像

ちなみに「銃剣道」は、小銃の形をした木製の棒を持ち、防具をつけて戦います。
有効な攻撃は「刺突」のみ。
10m四方の中で、対戦相手の
・上胴
・下胴
・喉
・(左)小手
・肩
5つの部位を木銃で突き勝敗を決めます。

画像

素人の私には、非常にわかりにくい武道です。しかし、迫力は伝わって来ました🙇‍♀️貴重な見学させて頂き、ありがとうございました。

第36普通科連隊は大阪のコロナワクチン集団接種ご担当から、海外派遣、災害派遣と非常に幅広い任務を第一線で頑張っておられる部隊です。

国防ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました