海自舞鶴モニター活動~自衛隊舞鶴病院研修

1.舞鶴

20191121の海自舞鶴研修、午前中は教育隊研修でした。
https://jsdf.papetto100.com/2019/12/03/海上自衛隊舞鶴基地研修/

赤レンガパークで「ふゆづき」カレーを食べた後、午後からの研修は

自衛隊舞鶴病院です。

いつもここまでしか見てませんがバスで入ります。

幹部さんたちがお出迎えしてくださってました。


自衛隊病院は防衛相が管理運営する陸海空の共同機関です。
陸海空合わせて15か所全国にあります。
昭和29年12月設立、名前の変遷はありましたが、自衛隊舞鶴病院は65周年を迎えたそうです。
50床隊員とご家族の病院です。

ちなみに自衛隊病院により一般開放しているところもあります。以前見学に行きました陸自の阪神病院は一般診察もされています。

映画撮影にも使われ1987年は「夜汽車」の撮影現場にもなったそうです。

防衛医科大学を卒業したら9年間は自衛隊病院で勤務することにはなっていますが、色んなパターンもあるそうです。
海自の医官は現在200人おられ高圧酸素治療など海上自衛隊特融の潜水士さんの治療なども行われています。

普通の病院のような廊下です。

自衛隊舞鶴病院のエンブレムです。

潜水病にかかった方のために特殊な機械もあります。

高気圧酸素治療室で、この中で最大8名の治療ができるそうです。
長さ6.1m、重さ25tあるそうです。


これのみ、海上自衛隊舞鶴広報官が撮影された画像です。

潜水艦の訓練始め、命を懸けて国防してくださってる隊員さんたちのご健康が一番!
それが国民の願いでもあります。

海自舞鶴モニター研修、深い所にまで踏み込んだ研修をさせていただき感謝です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました