海上自衛隊舞鶴モニター活動~舞鶴地方隊殉職隊員追悼式10月25日

1.舞鶴

この日の舞鶴地方総監部研修は、任務や訓練中に亡くなられた海上自衛隊員さんを慰霊する舞鶴地方隊殉職隊員追悼式参列です。

雨の中、一人ずつ名前を呼ばれ、まさかモニターまで回ってこないと思っておりましたが、実際は献花させて頂きました。

本来は喪服着用ですが、スーツの参列でかなり失礼なことをしました。

私の後ろには地本長さんたちなど錚々たる隊員さんが座っておられたことに恐縮と緊張しながら臨みました。

9遺族11人と舞鶴地方総監を含む隊員ら約200人が故人の冥福を祈りました。

近畿や中部地方出身の隊員ら30人がまつられておられるそうで、毎年追悼式が行われます。
舞鶴儀じょう隊もおられました。
 式は黙とうの後、大島孝二舞鶴地方総監が
「尊い犠牲を無にすることなく、わが国の平和と独立を守り抜く使命の完遂に一層精進します」と
追悼の辞を述べられ、参列者が献花するものでした。
 ご遺族代表がご挨拶されていました。

服務の宣誓をして入隊される隊員さんたちはまさに命を懸けて国防をしてくださっています。

本当に頭が下がる思いですが、やはり体が第一で、尊い命を犠牲にすることなく国防をお願いしたいと願わずにはいられませんでした。

また今回のモニター活動に関しても、奥深い研修をさせていただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました