海上自衛隊舞鶴基地モニター研修~教育隊カッター研修

未分類

海上自衛隊舞鶴基地研修、
この日午前中は、 舞鶴教育隊
お昼は赤レンガ館で「 ふゆづきカレー」を、
そして午後からは 舞鶴病院見学です。

バスで移動します。

海上自衛隊舞鶴のモニター研修は来るたびに新鮮な驚きと発見があります。

きっと一佐ボスをはじめ広報官さんたちが好奇心旺盛なモニター達に
色々と見せてあげようと貴重な時間を割いて与えてくれるからです。

車中一佐ボスが言います。
「今日はみんなにカッター漕いでもらうから!」

きっとみんな嫌がると思われたのでしょう。
「え~~~、良いのですか?漕ぎたい!」
と言ってしまいました(笑)

ボス「嘘です。すみません。(笑)」

という事で残念ながらカッターをこぐ事はできませんでしたが(笑)
舞鶴教育隊でカッター練習を見学しました。
彼らはこの秋に入隊した隊員さんたちです。三等海曹になる人の訓練です。
入隊式では緊張していた姿が初々しく思い出されます。

この橋を渡ってカッターへ行きます。
橋の横に木製の立て札があります。
一休さんのとんちのような事が書いていました。
最後にご案内しますね。

この手漕ぎカッターは2列に座り、12人で漕ぎます。

カッターの長さ8m、重さ1.5tあります。重!!
練習をするのは海上自衛隊、海上保安庁保安学校、教育隊のみだそうで、血豆がつぶれるぐらい痛いそうです。

オールを持たせてもらいます。てこの原理で鉛を調整するするそうです。
鉛…かなり重いです。

これは素人が操るのは無理です(;’∀’)
これをはじめから知っていたら漕ぎたいなんて思わなかったです(笑)


カッターを係留します。皆の力が必要です。

隊員さんたちは、ロープは生きているものという事でまたぎません。
また掛け声をかけますが全員で大きな声を出し復唱します。

ロープを結ぶのも舞鶴のはむつかしいようです。呉のとは形状が違うそうで呉の方が簡単にできるようです。こんな些細な事も、素人には非常に興味深い事です。

大勢に影響はないのですが教えてくれてありがとうございます!

終了し戻ります。

板に書いていた言葉です。

このはし(端)渡るべからず。

って、端は網目になっているから危ないよという事ですが、特に橋から落ちるという事もないのでご安心下さい。

舞鶴地方隊:トップページ

続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました