カナダ海軍のフリゲート艦「オタワ」27日海自舞鶴北吸桟橋出港

1.舞鶴

モニター同期に教えて貰ったカナダ海軍のフリゲート艦「オタワ」。
ランチ行くまでの間、海上自衛隊舞鶴の北吸桟橋を金網越しに見学しました。

北朝鮮への国連制裁任務や洋上訓練のため入港していたそうです。
一般公開もあったそうですが、行けなくて残念。
しかし27日に出港する姿が見れました。

 オタワは全長134m、総トン数5千t。
今月初旬にカナダ西海岸の母港を出発、アラスカで補給後、舞鶴に到着。
北朝鮮船が海上で物資を積み替える「瀬取り」の警戒監視を行い、
韓国やタイに立ち寄った後、10月に横須賀で行われる観艦式に参加するそうです。
(京都新聞より)

 北吸桟橋での入港歓迎行事では、オタワのアレックス・バーロウ艦長らに、海自舞鶴地方総監部の女性隊員が花束を贈った。バーロウ艦長は「美しい舞鶴を訪問でき、光栄だ。日本とカナダが築いている緊密な協力関係をより深めていきたい」と述べた。(京都新聞)

その雄姿を金網越しにでも見れて良かったです。

タグボートお疲れ様です。

国際協力の偉大さ実感します。
修業式でもありましたが国際協調の大切さ、ここでもわかりました。

隊員さん達、国防お疲れ様です。そしてこれからもよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました