初!女性自衛官も。海上自衛隊舞鶴入隊式

海上自衛隊

4月9日海上自衛隊舞鶴地方総監部基地モニターとして入隊式に参列という、非常に貴重な体験をさせて頂きました。同時にびっくりした事は、モニターまさかのVIP待遇(;’∀’)


Very Important Personではなくて

私はVery Interesting Personやね(*^-^*)


桜茶出していただきました<(_ _)>
お目出たい入隊式、特に桜が似合う新隊員さん達の門出をこちらでも祝っておられます。

バスで体育館へ向かいます←敷地内なので、歩け!って言って頂いたら歩いて向かうのにすみません。

体育館到着!

既に新隊員さん、保護者が座られていてその間を通っていきます。
昔、子供の学校の役員して以来で非常に緊張(;’∀’)
ましてや自分の子供は入隊してないし(;^ω^)

本当は中の写真も、もっと撮りたかったけど、この状況では歩きながら撮れない(;^ω^)

入隊式式辞です。
一般で経験したものとは大きく違いました。

栄誉礼
1.開式の辞
2.国歌斉唱
3.海上自衛官任命および教育入隊命令
4.服務の宣誓
5.自衛官候補生任命および教育入隊命令
6.自衛官候補生の服務の宣誓
7.課程学生任命
8.司令式辞
9.総監訓示
10.来賓祝辞
11.舞鶴地方隊先任伍長激励の言葉
12.海曹会入隊激励品贈呈
13.来賓哨戒
14.祝電披露
15.記念品紹介
16.海上自衛隊「海をゆく」斉唱
17.閉会の辞


特に命令が付くのはびっくり!

一般人ながら自衛隊手帳を買ってるので、最初の方に書いてる服務の宣誓はたびたび目にします。
崇高な精神を持たれて入隊された隊員さん達をその文面見るだけでも感謝し、感動を頂いてました。
入隊前にサインもされるそうですが、保護者の複雑な心境に想いを馳せていました。
その服務の宣誓を会場でお聞きして感動してしまいました。

同期、祝辞にもあったように、大事にしてほしいですね!
定年退官された方達も同期のお話はSNSで発信されてる位、ずっと深い絆で結ばれるのでしょうね。

教育隊での研修日程です。
4/9    入隊式 
4/27~7/31 錬成期
8/1~8/27 完成期

4月26日までは環境適応機です。がらりとかわりますものね。
目標は課題到達目標の達成で焦らず、慌てず、5か月後の完成を目指します。

都道府県別入隊者の出身地ですが、大阪は90名と2位の青森58名を大きく引き離しています。京都は3位で47名、愛知、函館が続きます。
脱線しますが居住地で募集相談員してますが、担当広報官が、海自希望者多いですと言われていました。

着隊して一週間での入隊式、この一週間は一般人とは間違いなく、時間の流れと重さが違うのでしょうね。
1週間ぶりの再会で保護者の方達も、頼もしくなった我が子を感じる事ができるのでしょうね。
アイロンがけなんて私より間違いなく上手になられてる事でしょう。
慣れない共同生活大変かと思いますが最初に立てた志通りまずは前期教育、9月末まで頑張って欲しいなあと思います。
くれぐれもお体はご自愛くださいね!

教育隊の訓練風景、以前2度程見学させて頂きました。
宜しければこちらのブログもご覧ください。
https://blogs.yahoo.co.jp/papetto100/71221149.html
https://blogs.yahoo.co.jp/papetto100/69289906.html?type=folderlist

卒業してきた学校とはガラリ違い、かなりの緊張感でしょうね。
教育隊司令訓示

諸外国での海上自衛隊の活躍、東日本大震災の国民からの感謝などから始まり、同期のお話に。同期はかけがえのない仲間、嫌な同期もお互い成長していくので良い仲間になると。
(略)
海上自衛隊の特質として、団結しなければ任務を遂行できない。
両親や育ててくれた人に感謝する。

ご家族向けに、国の宝のご子息、ご息女をお預かりします。
彼ら、彼女らは、かけがえのない重要な仕事をします。
悩みを聞いてあげてください。頑張った時には褒めてください。

総監訓示

中国はじめ、一番ややこしい国と対面している海域の防衛最前線の海上自衛隊舞鶴地方隊です。 (略)
新隊員へ
①一人一人が謙虚に学び、規律正しい団体生活を
②同期の絆を大切にし、生涯の財産、強い絆を育てて貰いたい。
保護者へ
 大事な御子息、御令嬢を預かる責任と原石を磨くにあたり、悩んでいたら励ましてほしいとも。
最後に健康に気を付け全員卒業する事を願っている。

京都知事代理、舞鶴市長の来賓祝辞の後、
舞鶴地方隊先任伍長激励の言葉です。

人間の記憶がいかに曖昧なものかのお話でメモを取ることの重要性。
聞いた話の要点をとらえ、自分の生活に生かす事。
自分も作業前に見返す事で忘れる事がなくなった。
記憶より記録
良い習慣を身に着け、活用してください。
年号も変わります。
出来ない言い訳より頑張って、全員笑顔で乗り切ろう。

激励品贈呈、来賓紹介、祝電披露、記念品紹介、

「海を行く」斉唱は役職上下関係なく、先輩から新入隊員さんまで一緒に歌い、胸に熱く迫ってくるものがありました。

総監、司令、艦長たちも入隊時の事を思い出しておられるのでしょうか?

対面には艦長や音楽体調、司令他早々たるメンバーが座っておられました。

忘れられない入隊式になりましたね。

新隊員を歓迎するかのように咲き乱れていた満開の桜。
長年、色んな桜を見てますが、今年ほど、感動した桜の木を見たのは初めてでした。
彼ら彼女らの貴重な場面に遭遇させて頂き、モニター活動させて頂けることに感謝です。
ありがとうございます。

~続きます~

コメント

タイトルとURLをコピーしました