途中ですが自衛隊陸海空の比較~海上自衛隊舞鶴地方総監部

1.舞鶴

以前、大阪地本で女性防衛モニターをさせて頂きました。
自衛隊について、最初に教えてくれた広報官は海上自衛隊の潜水艦乗員幹部でした。
事情があり潜水艦を降りられ広報に来られていました。
自衛隊の中でも実習幹部時代に世界一周する海上自衛隊の幹部は、面白くスマートな印象をこの時に持ちました。
その時に教えてくれた陸海空それぞれの自衛隊を表す言葉として、

陸上自衛隊  用意周到・動脈硬化
海上自衛隊  一致団結・伝統墨守
航空自衛隊  積極果敢・支離滅裂

何かわからないけど爆笑してた思い出があります。
しかし、今まで応援団をさせて頂いてると、中々うまく表現した言葉だなと思います。

表現も海上自衛隊だけ自衛隊ではなく海軍のイメージがあります。
もうすぐ令和に変わろうとしている時代ですが帝国海軍です。
でも私はそんな海上自衛隊が好きです。


一番初めに好きになったのは哨戒ヘリの体験搭乗でヘリパイに憧れ,生まれ変わったらヘリパイになりたいとまで思いました。頭はついて行ってませし言うのはただですし(;^ω^)

その後、観艦式、海の祭典で乗艦させて頂いた護衛艦<しらね>が大好きになり、除籍になる前もくまなく中を見させていただく等、艦艇の魅力に取りつかれました。

そのどちらにもスマートで親切な隊員さんがおられました。

今回モニターをさせて頂く海上自衛隊舞鶴地方隊、少し遠いですが、大好きな海上自衛隊の事を知り、そして皆さんに、わかりやすく発信し、少しでも帝国海軍…ではなく海上自衛隊と国民の距離が縮まればと思い、そのチャンスを最大限に生かしたいと思いました。

早速ですが舞鶴地方隊のHPより
旗印は「精強・即応」!
帝国海軍から多くの伝統を継承し、 北は秋田県から西は島根県にまで日本海を警備区としています。

一般企業なら会社案内の欄にも帝国海軍からの伝統を継承と書いています。

守備範囲には、ややこしい隣国たちが入っています(;^ω^)
そんな厳しい情勢の中でも国民にはお気遣いされている隊員さん達、本当大変だと思います。
そんな隊員さん達と帝国海軍の空気を感じながらモニター活動は開始されました。
(続きます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました