<シェラトン都ホテル>1.海上自衛隊★練習艦隊がやってきた!

海上自衛隊

この春、江田島の海上自衛隊幹部候補生学校を卒業した初級幹部たちは遠洋練習航海に出ますがその前に日本を回ります。
江田島を出航した練習艦の初めての寄港地が神戸です。
「練習艦隊歓迎の夕べ」がシェラトン都ホテル大阪にて開催されました。 玄関リフォーム中(笑)

ロビーでは海上自衛隊のDVDが流れています。

会場に入ります。お料理が並べられています。

実習幹部、練習艦隊司令官他主要幹部など約200名が入場します。
国歌斉唱

イメージ 4

お顔掲載OK出てますが、今回は出しませんね。
関西出身の方達が名前を呼ばれ大きな声で返事をします。 我が子を見守るご両親達も感極まる場面ですね。

3名の宝塚歌劇団花組が特別出演。これは撮影不可。
華やかな歌が繰り広げられ、実習幹部だけでなく昔のお姉さんはじめ
会場の列席者の皆さんも感動を頂いてます。

神戸出身の練習艦隊司令官のご挨拶でも 約30年前の歓迎の夕べに宝塚歌劇団が参加され、 「それだけ覚えてます(笑)」と言われてました。


各テーブルに実習幹部たちが来てくれます。 立食ですが食事しながらお話します。
実習幹部たちの約半数強は防衛大学で後の半数は一般大学他からです。
一緒のテーブルでお話した実習幹部たちは 国公立の大学院卒が多く国家資格免許保持者も。
東大はじめ難易度高い大学の院まで出てきて、 赤鬼、青鬼の存在する厳しい幹部候補生学校で一年間学ばれた彼らの生活は 想像をはるかに超えた厳しさだったと思います。


ある院卒の実習幹部は
「ベッドメイクできない、アイロンのプレスできない、ひげそれない… 一番のクソ雑魚でした。 やめたいと思ったけど最初に自分で決めたから最後までやろうと思いました!」

特に自衛隊の中でも旧海軍の色が濃く残る海上自衛隊、
国防を志された彼らの崇高な精神と耐えた精神力に敬服です。

航空自衛隊をやめ、パイロット希望で航空学生で入隊された実習幹部もおられました。
お母さんは反対されたそうです。 母の気持ちはわかります。
ほろっとされた横顔がとても人間らしくて、 素晴らしいパイロットになられるだろうと確信しました。
パイロットになられた彼に是非あってみたいです。

うちの息子たちとほぼ同年代の彼ら、スマートだし、よく気が付かれます。 お話も上手。
女性初級幹部たちもおられます。

2、30年後は国防最前線の幹部として日本は彼らの手にかかっています。

そんな心強さも感じたひと時でした。
翌日は司令官主催の艦上レセプションに続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました