温度差あり過ぎ…行政と…(‘◇’)ゞ委嘱式にて

7市合同の自衛官募集相談員の委嘱式がありました。
開催市は市長が来られてましたが後の市は市長代理です。
居住市で委嘱しない市は、
大阪ではこの7市だけだと聞いていました。
確かに古い考え持った人の多いこの地域は
市政自体、自衛隊に非協力的です。
委嘱式の後、質疑応答あったのですが、
本部長が早めに退出の必要あるということでした。
自衛隊と行政が顔を合わせる機会はそうありません。
終了ですとの司会隊員の後に、思い切って挙手しました。
司会隊員は「後ほど」という反応でしたが、
本部長が「では最後に」と言ってくれたので質問しました。
本当はこの7市すべての行政に聞きたかった事ですが、
時間の関係で当居住市長代理に質問しました。
それは今までもこのブログで書いたことです。
ここに書けば憤りしかないのですが、
今後の事もあるので、どういう姿勢か?

諸々を…。

当市担当者「持ち帰って検討します。募集については広報に記載してます。」
私「1行だけね!」
担当者「はい…」
最後に開催市の市長もコメントくれました。
「(私の居住)○○市は知りませんが、
当市は反対勢力があっても聞く耳持たず、
自衛隊に来てもらって、車両展示もしたりパレードしたりしてますし、
これからもします!」
私含め拍手で終わりました。
起こって欲しくない自然災害ですが、
何時起こるかわかりません。
非常事態起こった時、うちの市はどうするのでしょうか。
人間関係もですが、絆って大事だと思います。
勿論自衛隊は災害派遣だけの組織ではありません。
しかし意味のない反対勢力のために、
信念持たず事なかれ主義してる当市に対して、
憤りは伝わったと思います。
終了後、別の相談員さんや、自衛隊員さんから、
「言いたかった事や。有難う。」と言われましたが、私に反対してる人もいるでしょう。
今後これがどうなるかわかりませんが、
うちの市にボールを投げたので、
そのボールがどのように、市内部で弾かれてるか見届けに行きます。
帰りはお友達になった募集相談員さんたちと
お昼を食べに行き、半日は無事終了しました。
あっ、前から知ってる人で、この人とは絶対一緒に食べに行くことはない!
と思ってた人ともご一緒でしたが(笑)
自衛官希望者を募るまえに市への怒りから始まった
3期目の相談員活動でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました