掃海艇見学、賑やかな舞鶴湾『はしだて』『いずも』入港

海上自衛隊

掃海艇見学は2組に分かれて 『のとじま』と『すがしま』です。
掃海艇とは、掃海による機雷排除を任務とする艇です。
触雷を避けるため、船質は非磁性化で鉄は使われません。
この船体には木材が使われてます。
従って雨漏りもするそうです^_^;

イメージ 1

乗艇です。

イメージ 2

ここで機雷掃海、爆破の説明を受けます。

イメージ 3
イメージ 4

士官室です。 5人の幹部がここで仕事したり食事をとったりします。

イメージ 5

    ここをあけると隊員さんたちの居室があります。

イメージ 6

自販機はアルミ製です。

イメージ 7

親切にご説明いただきました。ありがとうございます。

イメージ 9
イメージ 8

一般隊員さんの食堂です。

イメージ 10
イメージ 11

潜水隊員さんからの説明も頂きました。

イメージ 12
イメージ 13

大阪向けて帰路につきます。

この日、舞鶴湾の海上自衛隊北吸岸壁は 賑やかだったようです。 舞鶴湾も広いので通りすがりに見えるだけでした。
「迎賓艇」と呼ばれる海上自衛隊唯一の特務艇「はしだて」が 初めて舞鶴湾に入港しました。
21日見学できるようです。 舞鶴HPより
http://www.mod.go.jp/msdf/maizuru/kengaku/sanbasi.html
はしだては横須賀基地(神奈川県)を母港とし、 国内外の招待者のもてなしや、災害時の医療や給食などの支援が任務。 自衛隊と国民、外国をつなぐ艇として天橋立(宮津市)から 名が付けられたそうです。
『いずも』(中央)も停泊中でした。

はしだて 
HPより
イメージ 14
はしだて

海上自衛隊の制服、5月は移行期間で各隊ごとで決めるそうで、 6月からは白い制服です。
新入隊員さんも初めて白い制服に身を包まれるのですね\(^o^)/

イメージ 16
イメージ 15

コメント

タイトルとURLをコピーしました