ヘリのワイヤーカッター、そして難しいのは回転翼?固定翼?@八尾駐屯地

先日の八尾駐屯地です。
ヘリコプター(UH-1)の説明です。
時速約250キロ、新幹線位の速さで飛んでます。
被災地の様子を配信する為の、映像伝送装置も付いています。
        UH1 にはワイヤーカッターが上下についてます。
低空を飛ぶヘリコプター、
電線などに引っかかりそうな時には
ワイヤーカッターが活躍します。
これで隊員さん達の生存率が上がるのは嬉しいですね!
そして実際にロータも動かし、
ヘリコプターの飛び方などもご説明いただきました。
整備、操縦含め、航空機(固定翼)よりも
ヘリコプター(回転)の方が難しいそうです
特にホバリングと言う静止飛行は難易度が高いそうです。
来世、ヘリパイ希望の私でしたが、

現世、リモコンヘリすら、上手く飛ばせません…(^^ゞ
映像転送装置をつけて待機していたヘリです。
別の日、信太山の演習場を見学させていただいた時に、
近くで、タッチアンドゴーなどの練習のために飛来してきた、
こちらのUH-1に遭遇です♪
緊急時に備え、一生懸命頑張っておられる隊員さん達です!
本当は国民に大活躍の姿が見えないのが理想的な自衛隊、
しかし今回、自然災害で、余震が続く中、沢山の隊員さん達が
活動されてる姿をテレビ、新聞で拝見しました。
国の緊急時、自衛隊員さんの姿に多くの人達が救われたのも事実です。
これからも日本国、よろしくお願いしますと
願わずには居られません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました