自衛隊観艦式2012~本番

海自の護衛艦や潜水艦など45隻、航空機18機が参加 
他、音楽隊なども参加しています。
 
海上保安庁は、尖閣諸島の守りのために不参加。
また航空機もF2、F15はやはり姿を見せませんでした…厚い雲と雨には勝てません…
 
艦艇の観閲、祝賀航行が始まりました。
自衛艦25隻、本来は海上保安庁巡視船1隻 計26隻からなる艦隊が
一列縦隊で航行し、順次観閲を受けます。
引き続きフリゲートSYDNEY(オーストラリア)、揚陸艦PERSISTENCE(シンガポール)、
巡洋艦SHILOH(アメリカ)の外国艦艇が祝賀航行をします。
参加表明していた韓国海軍は辞退です。
             
観閲部隊の先導艦は 103護衛艦ゆうだち(4550t)です。
 
観閲艦は横須賀で隣に居たくらま

 
野田首相の声は全ての艦に放送されてます。
「わが国の安全保障環境は、かつてなく厳しさを増している。
領土や主権を巡るさまざまな出来事も生起し、
自衛隊の使命は重要性を増している…」
さらに「人工衛星と称するミサイルを発射し、核開発を行う隣国がある」など、
近隣諸国の動きを警戒する内容が盛りだくさん!
 
また海軍の流れが色濃く残る海上自衛隊へのメッセージとして五省を読み上げた。
 
しかし、この五省は日々精進している自衛隊より、
よく変わる自衛隊トップの内閣総理大臣と国会議員に返します!と天の声…
 
これは海上自衛隊基地へ行ったときに買ったもので、我が家の壁にかけてあるものです。
既にこれは、景色の一部になってます。
私も精進せねば…

 
随伴艦は181護衛艦ひゅうが(13950t)、

 

176護衛艦ちょうかい(7250t)、
177護衛艦あたご(7750t)が続きます。
 
私はと言うと、非常に強い風と雨で、しらねで配布していただいたカッパをかぶり、
階段上の角で、風に飛ばされないよう柱にへばりつきながら、写真撮影してます。
隊員達が見えるこのような場所にいます。
 
 

 
身震いするぐらいきれいな隊列です。
晴れていたら、印象ももっと変わったことでしょう。
                   次は訓練展示に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました