自衛隊観艦式2012~受付から出航準備まで

 

JR横須賀駅から10分ほど歩きます。
 
 
 
 
 
 

 
 
陸自隊員も物々しい警戒です。 
手荷物検査もあります。 
ここでチケットを渡します。半券はネックストラップが付いたカードケースに入れ首からかけます。
これがないと下船できません。 
お弁当、お茶の販売もあります。
 
 

                    横須賀港吉倉岸壁乗艦案内です。
艦船が並んでいます。ワクワク~~
143護衛艦しらね(5200t)に到着。
セーラー姿が可愛い若い海士たちが迎えてくれます。 
 
 
 
観閲官  内閣総理大臣 野田佳彦
主催者  防衛大臣 森本 敏
実施責任者 海上幕僚長 海将 河野 克俊
執行者  自衛艦隊司令官 海将 松下 泰士
支援部隊指揮官 横須賀地方総監 海将 武居 智久
 
野田首相が乗艦するのは観閲艦 144護衛艦くらま(5200t)です。
11:00相模湾沖でヘリコプターから降りて来られます。
 
ちょうど私が乗艦しているしらねは、
火災事故を起こすまでは観閲艦だったそうです。
しらねの隣に停泊しているくらまに、幕僚長、議員など要人が次々と黒塗りの車で
到着している様子を見ることが出来ます。
 
 
 
 

幕僚長乗車の車は赤色灯が回って到着したのには驚きでした。 
 
横須賀基地にヘリコプターで到着し、そこから車に乗り換えのようです。
ヘリ好きの私ですが、庶民の立場からすると一機飛ばすのに、…円もかかるヘリではなく、
早めに車で来られたらいいのにと、思いますが、これも観艦式の一環でしょうか。
チヌークやら、いろんなヘリが飛んでくる様子を楽しみながら見てます。
 
 
 
 
右のでっかり護衛艦いせ(13950t)の後ろ方向にヘリは着陸します。 
 

 

8時になり、自衛艦旗を掲げ、自衛官は敬礼をしています。
音楽隊など、くらまの船上が賑やかなので、ついつい、見入ってしまいます。
 

 

 

忘れていましたが、私が乗艦しているしらねも自衛艦旗が揚がってました
目は完全にくらまにクギヅケです
 
そうこうしているうちに、艦船は次々と出航していきます。
ついに、しらねも出航です。
船上から
「あ~~もうちょっと待って~」と、声が聞こえてきます。
私ももう少し、くらまの様子を見届けたかったのですが…残念
 
観閲は12:00~12:26なのでそれまで、しらねで待ち合わせしていた友人と会え
席を取り、艦内見学に出かけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました