平成24年度「げんねんレディースモニター」応募したいが…

●応募資格は青森県内にお住まいの19歳以上の女性
●応募締切 平成24年3月30日(金)必着           詳細
 
以前大飯と美浜の原子力発電所見学に参加した。
そのときにもお聞きしたが、
高レベル放射性廃棄物処理と処分については、ずっと不安であった。
「六ヶ所村も大丈夫です。安全です。」
しかし、昨年、それ以前の段階、それも自然災害で大変なことが起こっている原子力。
被災者が居られるにもかかわらず、救助隊も入れなかった見えぬ敵。
しかし、被災者の方々を思うと、胸が張り裂けそうである。
 
どんなものも、永遠はなく、期限があるのに、
六ヶ所村にガラスで固めて埋蔵されている放射性廃棄物も、
将来想定外はあるのではないかと不安いっぱい。
未来の地球人につけを残さないように、
高レベル放射性廃棄物処理と安全なエネルギーを、
国と研究者は一丸となって早く開発して欲しいと、今さらながらに願う。
 
自分で電気を起こす太陽光パネルの衣装等開発されたら着るよと、
素人の私は思うが、そんなに簡単にはいかないか…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました