日本経済の行方ともんじゃ焼きと就活実態

須田慎一郎さんの講演会にママ友達と行く。
素人相手の講演会なので、噛み砕いた話の内容は、聞きやすい。
中でも印象に残ったのは、強くて軽い機体B787炭素繊維は東レ独占!
やるなあ、東レ!
全日空が50機も注文
益々加熱する航空業界であるが、
安全安心安価が嬉しい私。
他にも繊維業界のお話で、これで株買ったらインサイダーなりますから、
買わないように!なんて言われてたが、もともと高い会社株やし…
たまには日本経済を聞きに行くのも面白い。
 
帰りに軽くもんじゃ焼きでいっぱいと言うことで、寄り道。
完全におっさんの域の、ママとも軍団
 
 
 
そこで出た話。
今大学3年の子供を持つ、就活戦線真っ最中のママの話。
解禁が例年より2ヶ月も遅い就活、
その分、本人だけでは24時間あっても時間が足らないらしい。
あるとき、高校時代の友達3人が一緒に同じ会社をエントリーしようと画面を開くと
(就活用に、皆スマートフォンかIPHONEらしい)
 
有名国立大学のお子さんの画面には、空きあり、
関関同立のお子さんの画面には、1名空きあり、
その他の大学のお子さんの画面は、空き無し。
 
週刊誌の見出しで、
有名国公立以外の大学行くなら、
専門学校に行かなければ、就職は難しい。
なんて書いてあったが、本当か??と思っていたが、
有名企業は本当らしい…
勿論、採用は国公立だけではないです!と言ってる大手もあるが。
 
プラス、ある程度まで行ったら、女子は別嬪が選ばれるらしい
就活用のプチ整形もありえない話ではないなあ。
確かに去年、沢山の大手企業に合格した同じマンションの女子は、
優秀プラス、別嬪やったし…
 
日本経済の行方から、もんじゃ焼き食べながら、
就活実態を聞いて、大変な社会になったなあと感じた。
 
どんな土壌でも最後は、本人次第と思うが。
とりあえず、生きる力だけはつけて欲しいわが子供たちである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました