呉地方隊展示訓練 in 大阪湾  ① とね乗艦

 
 
 
昨日、DE234 護衛艦 とね に乗艦させていただく。
 


呉地方隊展示訓練というのがどのようなものか、全くわからず、
また、終日海か~~という思いもあり、いけたらラッキーかなあと思っていた。
しかし、実際行って、見たら、感動の連続であった。
 
天保山の観覧車をはさんで、せとゆきととね。
 
私の中の船は、去年のモニター体験まで、
サンフラワーも、護衛艦も、同じ船であった。
しかし、護衛艦には国を守る兵装があった。
 
大阪府警のボートも監視している。
 
 
基準排水量 2000トンという小型のとねであるが、
思っていたより、揺れも少なく、快適!
 
噂には聞いていたが、乗員は若いイケメンが多い。
質問にも気軽に答えてくださる。
 
乗艦しなければわからなかったこと多数。
まず、びっくりしたのは艦が離岸時の技!
なんと、民間の タグボートが近づいてくる。
 
 

 
 
 
 
 
何?
と思った矢先、ホースで接触する面にタグボートの乗員は水をかけられている。
 
そしてロープで艦艇とタグボートをつなぎ、艦艇は無事出航する。
天保山の港は民間なので、民間のタグボートが使われるらしい。
また車の如く、前後しか船は進まないので、
横運動の時に使われる。
タグボートが活躍しているところを初めて見た。
マダマダ感激することいっぱい。
                               続く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました