生存指導書~死を急ぐ理由は何もない

イメージ 12

緊急の場合、これが降ろされ、と言うか落とされ(が正しいかも、) 中から色んなものが出てくる。 その中身にも驚いたが、一番驚いたものは生存指導書の存在。

イメージ 7

見せていただいたものは少し古いので運輸省となっているが、 現在の監修は国土交通省海事局である。 まず見開いたページには、   「生きぬくために」”望みを捨てるな、救助は必ずやってくる”

イメージ 13

    この生存指導書に書かれていることは、 知っているのと知らないのとでは、生死を分けると思う。 海難だけではなく、ストレス社会にも欲しい生存指導書。 市販されているのかどうかも不明であるが、 是非、全世帯にも配布して欲しい生存指導書である。   中には色々な当たり前のようで知らないこと満載、 飲む水はガブガブ飲んではいけない。少しずつ口に含み、唇をぬらし、うがいを
しながらゆっくり飲むべきである。 そのような観点から、救命道具の中の水パックは少量。

イメージ 4

  そのほかにも一般客船と入っているのは同じであるが、  

イメージ 6

この中に    

イメージ 8
イメージ 5

                                                救命筏の他に、こんなにたくさんの救難品が入っている。                                         海上自衛隊だけに入っているのはこの非常食。

イメージ 3

  大震災後に思うのは、生存指導書内容も学校の勉強に加えてほしいと思った。 生き抜くための知恵。 以前防衛講和で、助けに行くが、それまでは自分の力で頑張ってほしいと 自衛官が言われた言葉が思い出される。 精神力、養わねば

日本も1年ぐらいの自衛隊入隊教育必要かも。 その前に国会議員よ!入隊して!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました