温度差ありすぎ~国民と国会議員

国会議員給料を4月から6か月間、1人当たり300万円カットする
「国会議員歳費減額特例法」が3月末衆・参両院本会議で可決され、
当時は東日本大震災の復興が全国会議員力をあわせ被災者の為に
建設的に前進すると純粋に思っていたが、
やはり…
国会議員=私利私欲 としか見えてこない今の国会。
反対や文句だけなら私と同次元やん
 
給料とは別に、月100万円もの領収書がいらない「文書通信交通滞在費」が支給され、
JR乗り放題、航空運賃も月額20万円以上が支給されている
一般会社の出張旅費清算なんか、1円でも厳しいチェック入るのに…
 
国会議員も1年間ぐらい研修制度があればいいと思う。
私が勝手に思う研修は、
自衛隊で知力体力を積み、
一般企業で経営を学び、
東京ディズニーランドで危機管理とサービス精神を学び、
保育園、介護施設で精神力とやさしさを学ぶ。
そして、原発など危ないところには率先して入り作業をする。
合格した人だけが国民のための政治をしてくれたら、いいのに…
 
国会議員にはがっかりだが、
少しでも早く、東日本大震災の被災者の方たちが
落ち着かれることを願う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました