崇高

東日本大震災は同じ日本人として、
言葉に出来ない大きな痛みと
沢山のメッセージを日々受け取っている。
 
そしてまた仕事といえど、
自衛隊、警察、消防、東電、…沢山の方々が命がけで
国民を守られている姿に目頭が熱くなる。
 
去年防衛モニターで生活体験させていただいた、
航空自衛隊奈良基地でのシーンが思い出される。
それは、隊員達の部屋を見学させていただいたときに、
誰一人として、寝起きしておられるベッドとロッカーから
生活感が漂ってこなかった事である。
自分の身にいつ万が一の事があるかわからないので、
日頃から整理整頓されているそうである。
また入学式で読まれる「事に望んでは危険を顧みず…」と言う
「服務の宣誓」も深く心に残っている。 
そのような崇高な精神を持って、
国と国民を守っていただいている姿に感服。 
ご家族も不安であろう。
2次災害に遭われず、気をつけて
活躍して欲しいと願わずには居られない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました