国有林~近畿中国森林管理局in農林水産省

去年、コカコーラの森の博士特派員に選ばれた子供について
沖縄で一緒に植樹をした。
木を植える事により、キレイな空気と水を取り戻そうという取組み。
子供達にもとてもわかりやすく、
大人も自然と地球環境を考える機会を与えてもらった。
私は初めて生で見る中田英俊さんに感動しっぱなしだったが…
 
また、サントリーの奥大山では
山の神様が本当に住んでおられるようなブナがうっそうと茂る森の中で、
長年積もった木々、葉などにより
地面はクッションのようにふわふわしている感触を味わい、
葉がきれいに土に戻るまでは100年を要するなど、
とても判りやすい説明を受けた。
 
他にもたくさんの企業が木を通して
環境問題に取り組まれている。
それは子供にも私にもわかりやすく親しみやすいものである。
 
 
しかし…
国有林…
国が保有している木の団体である林?!?
私にとっては未知の世界…
全く親しみのない言葉であった。
 
これは冥途の土産に知らなければ!と思い、
今年度、国有林のモニターをさせていただいている。
まだまだこれから学ばせてもらうので全く国有林について判っていないが
その一貫として、森林ふれあい推進事業がある。
 
平成22年度 近畿中国森林管理局の森林ふれあい推進事業実施計画の第一回目として
5/15(土)に千石平国有林笹ヶ峰エコツアーが行われる。
こちらは参加費7000円がかかるが、
明神平から明神岳を通り笹ヶ峰まで台高山系の縦走路を約10キロ
標高差約700mを歩くらしい。
先着20名
 
HP
 
大阪市内には国有林がないと聞いて、
ヘッ!?状態の私。
そういえばそうか…
箕面や高槻の国有林を一度見に行こうと思っている。
楽しい国有林探しをしようっと思ってるが、どんなんや~
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました