キリング・フィールド~24億円の裁判費用~

この映画はかなり前に見た。
詳しい事は忘れたが悲惨さは心の奥底に残ってる。
カンボジア人の通訳兼ガイド、ディス・プランを演じたハイン・S.ニョールは
プロの俳優ではなく、元医者で、彼自身、クメール・ルージュの支配下、
映画に描かれている以上の悲惨な体験をしてきたのだそうだ。
(既に亡くなられたが。)

1975年4月17日、ポル・ポト率いる共産党勢力、赤いクメール(クメール・ルージュ)は
ロン・ノル政権をついに打倒し、民主カンボジア政府の樹立を宣言した。
しかし、プノンペン解放後、ポル・ポト政権は、極端な共産主義政策を押し進め、
住民の強制移住や大量虐殺を行った。
カンボジアはまさに“killing fields”(虐殺の野)と化したのである。

中曽根弘文外相は11日、カンボジアのプノンペンで
ポル・ポト派裁判維持費約24億円の追加拠出などの支援を行うと表明した。

33年以上も前のポルポト派裁判で裁かれているのは今4人だそうだ。
本人は既に亡くなっており、側近の裁判の為、
日本の24億円もの追加拠出がわからない。
日本の国政が揺らいでいて、
景気低迷、色んな問題を抱えていてもっと有効な使い道はないものか、
この問題を表面しか捉えていないかもしれないが、
納税者として中曽根弘文外相と政府の見解を聞きたい。

藤原紀香さんは違う形で、私財を投じて同じカンボジアに学校を作られた。
http://www.norika-cambodia.com/mind/index.html

戦争のない平和な生活を願う気持ちは私も同じではあるが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました